漢方(鍼灸)で脊柱管狭窄症を解消する【京都府福知山市からご来店】

腰痛(脊柱管狭窄症)について

このところ少し暖かくなってきました。

梅の花が満開です。

本当に春らしくなりました。

春を感じるために公園や近所の河原へ

散歩にいきましょう。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

きょうは腰痛症の方が来られました。

A様60歳代の方です。

「先生こんにちは、今日は友人の紹介で来ました。」

「きょうはどうされましたか?」

「足と膝が痛みます。」

「病院に行かれましたか?」

「病院で脊柱管狭窄症と言われ手術をすすめられています。」

「それは大変ですね。」

「私のところでも、脊柱管狭窄症と診断された方が来られます。」

「皆さん3カ月から半年できれいに治られています。」

「ええ、友人に聞いて、それで電話しました。」

「それでは、診ていきましょう。」

「腰やお尻を支えているのはバネである筋肉です。」

「それの本来のしなやかさを取り戻せば必ず良くなります。」

「そうですか。よろしくお願いします。」

そこで、腰を診ていきますと腰の筋肉や靭帯が

鋼のように硬くなっていました。

これでは、筋肉がしっかりと体重を支えていないので、

骨に荷重がかかってしまい、

いずれ、痛みを引き起こします。

その筋肉の調整をし、最後にロックのかかっている骨をほどいていきました。

すると、

「先生、じわーと痛い足の痛みが減ってきました。不思議です。」

「そうですか。それはよかったですね。もっともっと楽になっていきますよ。」

それから、全身の調整を終えておわりました。

「どうですか?」

「本当に嘘みたいです。」

それから、次回の予約を取られて帰られました。

それから、二月はよくなったり、悪くなったりしましたが、

3カ月後にはきれいに治られて

「先生、この頃、足の痛みがないので、うれしいです。」

「それは、よかったです。A様の努力のお蔭です。」

それからは、メンテナンスをかねて、ひと月に一度こられています。

追伸

高齢者の方に多い病気の一つに脊柱管狭窄症があります。

この病気は歩いてしばらくすると、足がつっぱた痛みが

出てきて足が痛くて歩けなくなる病気です。

なかなかの難病です。

病院では手術を勧めらて手術をしますが、良くなった方が

少ないです。

手術後は痛みが取れますが、しばらくすると痛みや

シビレが出てくることが多い病です。

私のところでは、この病は栄養障害と筋肉の硬さが

原因と考えています。

ですから、栄養指導をしていきます。

このことを話していくと皆さん本当に驚かれますが、

ほとんどの原因が食事と運動不足です。

ですから、私のところでは、食事の指導を徹底して指導していきますと

皆さんキレイに治っていきます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0441-1024x683.jpg です
キャプションを入力…

京都府(京都市、京都市中京区、京都市西京区、京都市伏見区)
綾部市、福知山市、宮津市、与謝郡、舞鶴市、京丹後市)
兵庫県(尼崎市、貝原市、山南町、丹波市、香美町、豊岡市)
神奈川県(横浜市)
海外 中国(上海市)  アメリカ(シアトル)


衣川鍼灸整体院
〒620-0027
京都府福知山市字京町30
TEL 0773-22-4994
診療時間
AM9:30~PM12:00
PM2:30~PM4:00
PM5:30~PM7:00
日曜日定休日(火曜日は12:00まで)
お問い合わせはフォームはこちらへ



















» ホームへ戻る