交通事故傷害(むち打ち)を漢方(鍼灸)で解消する【京都府福知山市からご来店】

むち打ち(交通事故傷害)についてお話します。

こんにちは衣川鍼灸整体院の衣川です。

むち打ち②についてお話します。

今日は不幸にして交通事故にあわれて、後遺症に悩んでいる方の治療を行いました。

こういう事故や怪我にあわれて、表面状のけがは治ったけれど、

事故から何故か、からだが重い、やる気が出ないと感じている方は多いです。

今日も数ある鍼灸院の中から私の所へこられました。

いつもありがとうございます。(*’▽’)

~*~*~*~*~*~*~*~*~

「先生、事故の後から、ずっと肩がこって息がつまるようです。それと腰痛がひどいです。」

「ああ、そうですか。それは大変ですね。事故でどこを打たれましたか?」

「後ろから3回追突されました。自分から当たった事故では、ないので、身構えてしまうことなく事故を受けました。」

「その時の衝突が原因ですね。分かりました。施術を始めましょう。」

それから、身体の隅々をみて、いきました。

そうしますと、事故の衝撃で首の??前斜角筋が、カチカチになっていました。(゚Д゚;)

「まるで鋼のようですね。」

「ええ、堅くなって回らないんです。」

「私の治療をはじめてだと思いますが、基本は押しません、揉みません。

ですから、揉み返しがありません。」

「ええ、本当ですか?このような治療院にいくと、2,3日は触られたとこが、うずくことが多くありました。」

「私の所では、そういうことはまずないです。安心してください。」

「ツボを指圧しますので、からだがだるくなることがあります。」

「これは仕方がありません。」

「そこに働きかければ、いままで、たまっていたゴミがわーーと舞い上がります。」

「それがだるさとなって出てきます。」

「いいことだと思っていてください。」

「先生、首を押えられると、頭のてっぺんがジンジンしてきます。」

「今までにない痛みです。」

「そうでしょう。今は触り始めたばかりなので、痛いと思います。」

「そのうちに痛気持ちいいように変わってきます。」

「本当ですか?今少し、肩が楽になってきました。」

「そうでしょう。もっともっと楽になりますよ。」

それから、からだの隅々まで触っていきました。

腰が特に痛いと言われましたが、腰より首の筋肉のほうが悪く感じました。

首の筋肉の硬さが背中の筋肉を固くさせてそれが腰痛を引き起こし臀部(おしり)の筋肉を固くさせていました。

その緊張があちこちに原因不明の痛みを引き起こしていました。

「先生、私は仕事が忙しくありがたいのですが、このからだがいつまで耐えられるのか、不安です。」

「この体で、あまり忙しく働くことは無理があります。けれど、この治療をつづけていけば、必ず良くなりますよ。」

「仕事ももっともっとできるようになりますよ。」

「ありがとうございます。うれしいです。」

「けれど、よく頑張りましたね。かなり、つらかったでしょ?」

「そうです。なかなか誰にもわかってもらえなくてつらかったです。」

「頑張りましたね。」

「はい。」

触っていくと、だんだんとしなやかになってきました。

顔に生気が戻ってきました。

「先生、頭が軽くなってきました。」

腰痛もありますということなので、腰の指圧も行い、背中から触れない大腰筋・小腰筋を腹部から指圧を行いました。

すると「あいたたたた。とても痛いですね^^^^。」

「腰が痛いと言われて私も腰の筋肉をよく触っていましたが、
腰の筋肉は外から触れるところだけでなく、腹部から
の方にも筋肉があります。
そこがよく炎症を起こして痛みを起こしていることがあります。」

腹部から腰の筋肉をさわっていくと、次第に硬さがなくなりました。

そうしますと「先生、少し腰のツッパリが楽になってきました。」と言われました。

それで、その日は治療を終えました。

次回に来られた時はかなり樂そうでしたが、

「先生、長年の腰痛がかなり楽になってきました。肩こりもかなりとれてきました。」

「よかったです。もっともっと体が軽くなりますよ。」

「先生、ありがとうございます。この頃からだが軽いです。」

「そうです。からだは軽くて当たり前です。空のからだが重いのがおかしいのです。」

「ああ、そうですね。先生語呂合わせみたいでおもしろいですね。」

「面白くてもなおれば、それでいいです。」

こういう方はどこにいっても、肩こりも腰痛もとれなくて、困っているかたが多いです。

こういう場合、むち打ちとか首の痛みはだいたい取れてそれで治療は終わりですが、

慢性的な肩こりや原因不明の疲れが取れません。

たまに肘が痛かったり、腕の外側が痛かったり、あちこちに痛みを感じたり、

とても、不快な痛みが走る後遺症で多いです。

医学の世界でもこの原因不明の痛みを止めることができず、

お医者さん泣かせの疼痛患者は多くいらっしゃいます。

わたしのところでも、どこに言っても止まらない痛みの方はたまに来られます。

とにかく、そういう方は毎回違うところを痛がります。

原因が特定をできないことが多いですが、確かに痛がります。

こういう方は脳が痛みを記憶して架空の痛みを引き起こしていることがあります。

それでも、気長に治療していくと、痛みは必ず止まってきます。

追伸

むち打ちでよくあるのが、後頭神経痛です。

頭と首のつけねが痛くなったり、チクチクとする痛みが出たりします。

ここの治療は、神経を絞扼する頭半棘筋(首の後ろを頭から首・背中の一部まで伸びる筋肉)や上部僧帽筋(肩から後頭部まで伸びる筋肉)をゆるめることをします。

衣川鍼灸整体院はこのようなところから、
たくさんのお客様がご来店いただいています。

京都府(京都市、京都市中京区、京都市西京区、京都市伏見区)
綾部市、福知山市、宮津市、与謝郡、舞鶴市、京丹後市)
兵庫県(尼崎市、貝原市、山南町、丹波市)
神奈川県(横浜市)
海外 中国(上海市)  アメリカ(シアトル)


衣川鍼灸整体院
〒620-0027
京都府福知山市字京町30
TEL 0773-22-4994
診療時間
AM9:30~PM12:00
PM2:30~PM4:00
PM5:30~PM7:00
日曜日定休日(火曜日は12:00まで)
お問い合わせはフォームはこちら

» ホームへ戻る