福知山の鍼灸院、鍼治療で頭の活性化 

こんにちは衣川鍼灸整体院の衣川です。

今日は、脳の栄養のお話をします。

脳のエネルギー源はブドウ糖です。

他の臓器でもブドウ糖をエネルギー源としているのは、

副腎髄質・赤血球・精巣である。

他には骨格筋もブドウ糖を使う。

脳以外では、ブドウ糖は乳酸に変えられて、肝臓・腎臓に

送られて、再び、ブドウ糖に変えられてブドウ糖に作り変えてしまう。

極端な話、このブドウ糖は器官の間を堂々めぐりをしている。

しかし、脳ではブドウ糖は酸素と反応して、二酸化炭素と水に

作り変えられてしまう。

だから、脳では絶えず、ブドウ糖を消費している。

だから、絶えず、補給してあげないといけない。

それと消費するエネルギーの量も多い。

体全体の18%にも及ぶ。

エネルギー量に換算すると、一日500キロカロリーに及ぶ

これは仕事量であらわすと。

20~25ワットの電球の仕事量である。

面白い言い方をすると、心は20ワットの電球である。

脳はエネルギーの無駄食いである。

ですから、一日三度の摂食習慣は脳のエネルギー代謝によるためである。

静止状態では、体全体でブドウ糖は一日160グラム必要であるが、

脳は一日120グラム必要である。

恐ろしいほど、エネルギーを使っている。

一回の食事でとれるグリコーゲンの量は50グラム~60グラムである。

ですから、どうしても三度の食事が必要となる。

三時のおやつに、コーヒーに砂糖を入れることは、脳を活性化させます。

カフェインは脳幹部の網様体を覚醒させる。

小量であっても、脳へのエネルギー供給となるので、有効となります。

それと、皆さん夜更かしをされる方がおおいですが、

夜食を多く食べているからと、言って朝食抜くと、脳は途端に飢餓状態に

なります。

脳は、寝ていても8時間たつと40グラム以上糖を消費している。

ですから、そんなことを続けると、学校では勉強できず、落第をするは、

仕事では、物忘れをして、仕事でミスをするは、取引はうまくいかないは、

八方ふさがりとなります。

これを防ぐのは食べることです。

食物を摂取すると、一時間後をピークに5~6時間はたいおんの増加が持続します。

中には、朝食を取ると下痢をするから、取りたくないと言う方や子供さんが

おられます。

これは過敏性大腸症候群という症状です。

これは、私のところで、簡単に治ります。

これは副交感神経が過剰の反応をしているだけなので、

指圧と運動療法で簡単に消えていきます。

そのあと、進めているのが、ジョギングと朝食です。

起床後軽くジョギングすると、空腹にもなるし、交感神経の緊張が

高まって、副交感神経のとのバランスが保たれ、体温も高めてくれます。

ある入試を控えたお子さんがこれを実行されました。

そして、朝食後、午後2時と後2回体温を測られて、体温を落ちないように

して、そして受験に挑まれたお子さんは見事に大学に合格されました。

次回の話では、命令をおくるシナプスの話をします。

衣川鍼灸整体院の営業予定

4月27日(土) 通常営業

4月28日(日) お祭りのため 10時~15時まで営業

4月29日(月) 通常営業

4月30日(火) 通常営業 昼からもします。

5月1日(水) 通常営業

5月2日(木) 午前のみ営業

5月3日(金) 通常営業

5月4日(土) 通常営業

5月6日(月) 午前のみ営業

衣川鍼灸整体院
TEL 0773-22-4994

診療時間
AM9:30~PM12:00
PM2:30~PM4:00
PM5:30~PM7:00
メールアドレス info@kinugawa-shinkyu.com

» ホームへ戻る